山田桂月堂100年物語

 山田桂月堂の歴史は、大館の町とともにあります。明治の文明開化は、蒸気機関車の汽笛を響かせながら、白神山地を望む秋田県北部の城下町大館にも訪れました。旧大館町と旧釈迦内村の境界※に大館駅が設置されたのは明治32(1989)年。その2年後の明治34(1901)年、山田桂月堂は田町で創業。そして明治40(1907〜)年代頃、山田桂月堂は大館駅前に移転。その後、大館駅の発展とともに菓子店として歩みを重ねてまいりました。

 創業当初からの当店の銘菓は「明けがら寿」でございます。この菓子は寒氷(かんごおり)に散らしたくるみを、郷土の俳人羽生竹亭が「暁の大空を飛ぶからす」に見立てて名づけた菓銘です。強い甘味が尊ばれた時代に駅売りの菓子として人気を博し、今でも茶席の菓子やふだんのお茶請けとして親しまれています。

 振り返れば、大正の時代にこんなことがございました。当店の直近にある大館駅から旅立っていった1匹の秋田犬でございます。その秋田犬は東京の飼い主に「ハチ」という名で愛され、やがて「忠犬ハチ公」という伝説の主人公となりました。昭和10(1935)年には銅像となって大館駅前に帰ってきましたが、太平洋戦争の折、供出されてしまいました。「ハチ公」の銅像が再び、大館駅前に建つのは、昭和も末の62(1987)年のことでございます。当店には、この「忠犬ハチ公」をかたどった秋田銘菓「ハチ公諸越」がございます。諸越は、小豆粉を使った干菓子です。
 
 さて昭和も終わりに近づいた頃、時代はバブルという名の浮かれ世に突入いたします。バブル真っ只中に、当店は一人の若者を東京に送り出しました。若者は東京でクリーム大福と出会い、その後、金沢の老舗・落雁諸江屋で修業します。金沢修行時代に出会った和菓子が、福井の「羽二重餅」だったことが、若者の運命を変えることになるとは。
 
 3年の金沢修行の後、若者は秋田の老舗・菓子舗榮太楼で2年の菓子修行を積み、若き菓子職人となって当店に戻ってまいりました。ところが、若き菓子職人を待っていたのは、秋田銘菓諸越作りの日々。そのなかで、若き菓子職人は新商品の開発に胸をたぎらせます。試作を繰り返すなかで、若き菓子職人の脳裏をよぎるものがありました。
 
 そうだ!羽二重餅だ。
 
 羽二重餅のきめ細やかな生地と柔らかな食感。そして新作和菓子を創って世に問いたいという熱き想いが、若き菓子職人の頭と手を動かします。同時にほんの一瞬、東京で出会った「クリーム大福」を思い出しましたが、クリームと餅生地との一体感を考えると、新作和菓子は大福生地ではありません。やはり「羽二重餅」です。ほかには考えられません。

 若き職人には、もう一つ、長年温め続けて来た想いがありました。それは、抹茶を使った和菓子の創作でした。試作を重ね、持てる全ての技術と想いを注ぎ込み・・・。

 ついに2002年11月、山田桂月堂「羽二重餅」第一弾「生クリーム入り抹茶羽二重餅」販売開始。若き菓子職人は、羽二重旦那へと脱皮を遂げたのでした。同時に販売開始日は羽二重旦那にとって、のちに人生の伴侶となる女性の誕生日でもありました。

 現在、山田桂月堂は「羽二重餅」を看板商品に、伝統銘菓「明けがら寿」「ハチ公諸越」、チーズ饅頭「ハチのあしあと」をはじめ、お土産やお茶請け、ご進物にぴったりのお菓子をいろいろと取り揃えてございます。

 ネットでは、「羽二重餅」を販売いたしております。お買い物の際には「お買い物のご案内」ページを読んでいただけますよう、お願い申し上げます。

 ※大館駅は明治32(1989)年当時、釈迦内村と旧地名表記された現在地に設置された。戦後まもない昭和26(1951)年、旧大館町と旧釈迦内村が合併し大館市が発足。